既刊本は、ポプラ社から発売となります。
ぼくらのバス

心にふわりと染みこむ、兄弟の成長物語

暇を持て余していた、小学五年生の加納圭太は、弟の広太を誘い昔通った「バスの図書館」へ行ってみる。管理人のおじいさんが亡くなって以来使われずにいた「バスの図書館」は、かつての面影を失い荒れ果てていた。こっそりとバスに忍びこみ「秘密基地」にした二人だったが、ある日、家出少年の富士田順平が押しかけてきて……。
少年たちの成長が瑞々しく描かれた、ひと夏の青春ストーリー。〈解説:伊藤たかみ〉




著者●大島真寿美 装画:早川司寿乃
判型●A6判並製
定価●本体520円+税
発売●2007年5月10日
ISBN●978-4-86176-398-4