小さな空

 『ビート・キッズ』で講談社児童文学新人賞、野間児童文芸新人賞、椋鳩十児童文学賞を受賞した著者による、珠玉の家族小説。
 自然豊かな郊外の団地に住む4人家族と、隣に住む「わけあり」の父娘家族の交流を中心に、大人も子どももそれぞれが成長していく姿が淡々と瑞々しく描かれています。春・夏・秋・冬、それぞれの季節に起きる事件や発見や出会いを通じて、著者ならではの「音楽テイスト」がストーリーのエッセンスに。家族小説の佳作『森へようこそ』に通じる家族再生の側面と、「ビートキッズ」に通じる音楽への憧憬の両方がたっぷりと詰まった、まさに風野ワールドと言える、心がポカポカと温まる作品です。



著者●風野潮 装画・挿画/こころ美保子
判型●四六判
定価●本体1,600円+税
発売●2008年8月25日
ISBN●978-4-86176-521-6