TRPG版とコンシューマー版のデータの差について
多くの皆様より、TRPG版とコンシューマー版のデータの差、例えば、スキルの効果の差について、ご意見やご質問をいただきました。ご指摘ありがとうございます。
今回、我々は出来る限り原作に近い形でのTRPG化を目指しましたが、コンシューマー・ゲームとTRPGの違いの中で、簡略化、あるいは、数値の変更を余儀なくされました。
スキルの効果、数値などにつきましてはそうした結果であるとご理解いただければ幸いです。
   
成長させた悪魔を倒した場合の経験点について
参照1:基本ルールP235「BOSS悪魔の作成方法」
 特殊効果1個、成長させた1レベルごとに+10%

参照2:『アマラ深界』FAQ
 1レベルごとに+2EXP

この2件は矛盾しません。
参照1は「BOSS悪魔」を作成するためのもので、参照2はBOSS以外で使う悪魔を成長させて登場させるためのものです。そのように使い分けて下さい。
明らかにバランスが崩れる場合、以下の方法を取って下さい。

1: まず、基本EXPに成長させるレベル×2EXPを加算する。
2: 追加したスキル、BOSS効果1個ごとに、経験点の10%を加算する。
3: 近いレベルの悪魔と比較し、3倍以上の格差が出たら、そこで調整して下さい。


■ルールブックとFAQの相違について
Q: ルールブックとFAQの記述が異なります。どちらが正しいのでしょうか?
A: FAQです。
FAQとは、ルールブックに関する正誤訂正、あるいは、分かりにくい表現を 明確にしたもので、ルールブックの内容を訂正するものです。


FAQカテゴリー
  ■スキルについて     ■キャラクター作成     ■戦闘
  >> 05年5月16日更新   >> 05年4月12日更新   >> 05年5月30日更新
  ■会話     ■ルール全般     ■アイテム
  >> 05年4月12日更新   >> 05年5月16日更新  
  ■サブクラス     ■BOSS関係     ■その他
  >> 05年4月12日更新    

■スキルについて
Q: 「幸運」を2回習得したら、埋まるスキル欄は1つ? 2つ?
A: 2つです。
   
Q: 「幸運」や「回避強化」のように、人間専用のスキルは魔人になったら消えますか?
A: 「シュアショット」のように、人間専用の武器「銃器」に依存するものを除き、魔人になった際に継承可能です。
   
Q: P031「追加スキル表」の「回避強化(人間専用)」とは?
A: この点は訂正されます。追加スキルに限り、「回避強化」「幸運」という人間専用スキルを、悪魔や魔人も習得できるようになります。
   
Q: 悪魔が変化した際のスキル継承ですが、P.037では「スキル上限の範囲内で自由にスキルを継承できる。」となっていますが、P.070では「変化前の悪魔からスキル2つを継承できる」となっています。どちらが正しい記述なのでしょう か?
A: 前者です。「スキル上限の範囲内で自由にスキルを継承することができる」 としてください。
 
Q: 「蛇の道は蛇」は「複数回修得可能」とありますが、複数回修得する方法がないと思われます。
A: 現状のサブクラスでは複数回得ることはありませんが、情報スキルとして、いずれ複数回取ってもよいように、記述を加えたものです。
 
Q: 「アイテム習熟」に関して。「アイテムの効果が+1d10になる。」と言うのは、傷薬などの効果値が固定のアイテムにも足されるのでしょうか?(傷薬は50+1d10回復になる?)
A: はい、その通りです。
 
Q: また、この時の1d10の出目が「10」の時は「振り足し」できるのでしょうか?
(回復アイテムと攻撃アイテムで「振り足し」のある/なしが変わる?)
A: アイテムに関するルーリングを明確にします。
まず、アイテムの効果は特に書かれていない限り、固定値で、攻撃アイテム(マハザンの石など)は「魔法威力+固定値」のダメージを与えるものです。その上で、「アイテム習熟」を所持していればさらに1d10のダメージが追加されます(同様に、今後「格闘威力+x」のダメージを与えるアイテムが追加されれば、それは使用者が物理型攻撃を行ったかのように各種自動効果スキルの影響を受けます)。
「アイテム習熟」によって「+1d10を加える」効果は威力ロールとしては扱われません。そのため、10の目による振り足しはありません。
 
Q: 「アイテム習熟」に関しての質問その2。「アイテム習熟」を習得している人間が、悪魔カードを使用して顕現を行い、悪魔になりました。この時、この人間専用スキルは失われるのでしょうか? アイテムを使用できる悪魔になったりはしないのでしょうか?
A: 「アイテム習熟」のスキルは失われませんが、悪魔はアイテムを使用できません。スロットが足りなければ、忘れるスキルとなるでしょう。
この問題を解決するために、『アマラ深界』で「アイテム使用」というスキルが追加されました。悪魔にアイテムを使用させたいならば、「アイテム使用」を習得して下さい。これを取得したら、「アイテム習熟」も有効な状態になります。
 
Q: 「回避強化」を複数回修得して、回避判定のボーナスを重複させる事は可能でしょうか?
A: いいえ。「複数回習得可能」と書かれていないスキルは、重複できません。
 
Q: 「追加魔法ダメージ」のスキルは回復魔法の威力ロールにも適用されますか?
A: いいえ。
 
Q: マカラカーンは「魔法型スキルを反射する」とありますが、万能系のメギドや吸血、アナライズや低下系のスクンダ、ラクンダなども反射してしまうのですか?
A: 万能系は反射されません。万能系以外でも、攻撃すると書かれた以外のスキルは反射されません。そのため、アナライズ、低下系、強化系はそのまま効果が発揮されます。
 
Q: 「ギロチンカット」の対象が「敵全体」になっていますが、ゲーム版では「1体」です。敵全体に変更されたのでしょうか?
A: これは誤植です。「1体」に修正して下さい。
 
Q: 「アイテム習熟」の+1d10の効果はどの種類のアイテムに適用されますか?
A: HP/MPの回復、攻撃アイテムのダメージにのみ適用されます。
 
Q: 「悪魔使い」が契約した悪魔はどこまでスキルを使用できるのでしょうか? 例えば、LV5の地霊カハクと契約した場合、「アギ」と「おねだり」しか使用できないのでしょうか? それとも、全てのスキルが使用できるのでしょうか?
A: 「初期スキル」のみです。
 
Q: 人間が武器を使用して、武器系などのスキルを使用したとしても武器の威力や命中修正は加算しない、つまり、素手格闘を使用するとの事でしたが、サプリメント『アマラ深界』の魔晶変化アイテムの説明項目の魔晶剣と魔晶手甲には攻撃スキルの威力を強化するとあります。これは、魔晶変化アイテムに限り、攻撃スキルに命中修正と威力を加えるということですか?
A: その魔晶変化装備に指定された範囲のスキルに関してのみ、そうなります。
 
Q: (上記の回答が「Yes」の場合) その場合、攻撃スキルの属性はスキルに従いますか? それとも、使用している武器の属性を使用しますか?
A: スキルに従います。その結果、その魔晶変化武器の持つ追加の効果は失われます。
 
Q: 追加物理攻撃スキルの真空斬りなのですが、サブクラスの中に習得できるクラスがなく、修正された追加スキル表の中にも入っていません。リプレイ巻末のスキル一覧表のほうに必要初期レベル1とありますが、これは、キャラクターの作成時にのみ習得できるということなのでしょうか?
A: 「真空斬り」は悪魔の再現の過程で追加されたスキルで、人間や魔人用というよりも、悪魔用です。武器系のスキルを持つ悪魔を自作する場合にご利用ください。
   
Q: ルールブックP.026のサンプルキャラクタージャックフロストは、なぜ、ヒートウェーブを習得できるのでしょうか。P.137のジャックフロストの継承パターンは「口目突×××」となっており、武器系のヒートウェーブを使える理由がよく分かりません。
A: はい、これは追加スキル表から得たもので、継承パターンから外れていますが、「強くなりたい」というキャラクター表現のためです。
   
Q: 悪魔合体の方法がよく分かりません。キャンペーンではPCが成長するので、ルールブックP.072の例では分かりませんでした。例えば、妖鬼シキガミ(初期状態のカード・レベル4)と地霊スダマ(成長したPC、レベル33、経験点50,000点)の合体結果はどうなるのでしょうか。
A: 素材悪魔の初期レベルから計算してください。

(4+13)/2+2=10.5 → 切り捨てて10  
妖鬼+地霊=妖精  

ハイピクシー(10)は合体で作成できないので、さらに上のジャックランタン(19)になる。
   
Q: 悪魔顕現時のスキルの継承数について、ルールブックP.071では、「継承できるスキルの数は、悪魔PCのレベル÷10+1」
とありますが、これは、
(1)顕現前の悪魔PCのレベル
(2)顕現後のレベル(顕現した悪魔のレベル)
のどちらなのでしょうか。
A: (2)です。


■キャラクター作成
Q: 複数のマガタマを装備したら、修正は合計されますか?
A: いいえ、1つのマガタマの修正だけが適用されます。
 
Q: 「奇妙な趣味」の内容はどう決めたら、いいでしょうか?
A: 関係する2人のPCの間で話し合って決めてください。また、本書掲載の「奇妙な趣味表」を使用してもかまいません。
 
Q: 自衛官が魔人になったら、銃器は使えますか? 銃器のスキルは?
A: 魔人は武器を使えません。銃器のスキルは無駄になります。
 
Q: マガタマ「マロガレ」にスキル「貫通」が見当たりませんが?
A: 『アマラ深界』059ページにて追加されています。
 
Q: マネカタのレベルアップに必要な経験点は、人間扱いですか? 悪魔扱いですか?
A: 人間扱いです。
 
Q: 複数のマガタマをつけている場合、どちらのスキルを得られるのですか?
A: まず、複数のマガタマを得たからといって、スキル全体が切り替わる訳ではありません。また、レベルアップ時に、装着しているマガタマをチェックし、習得可能なスキルがあれば、いずれか1つを選んで習得できます。
 
Q: スキルを習得する場合、リストのレベルが低い順に習得しなければなりませんか?
A: コンシューマ版のように「下のレベルのものから順に」習得する必要はありません。習得レベルを満たしたスキルの中からいずれか1つを選んで習得できます。ただし、一度習得したスキルをもう一度習得することはできません。
これは、コンシューマ版と異なる処理です。TRPGでの運用での便宜を図るために、変更されました。

例: レベル18の人間PCがマガタマ「アンク」を取得し、魔人になった。そのPCはサブクラス「巫女」ですでに「ディア」「パトラ」「ポズムディ」「パララディ」を習得している。アンクで未習得のスキルは「アナライズ(L6)」「メディア(L17)」である。
次のレベル17で、「アナライズ」か「メディア」のどちらかを選んで習得する。
 
Q: 低レベル悪魔PC用のデータに、継承データが記載されていないのですが? とくに、TRPGオリジナル悪魔は判断材料もありません。
A: 低レベル用追加悪魔の敬称パターンはその上級バージョンに従ってください。

ミニフロスト  →  ジャックフロスト
ヘルハウンド  →  イヌガミ
コテング  →  コッパテング
 
Q: この1レベル悪魔たちを通常のNPC悪魔として使用してもよいのでしょうか?
A: はい、かまいません。


■戦闘
Q: P58の「奇襲とバックアタック」のルールを使うと、低レベルではかなりの確率でバックアタックされるのですが?
A: 本文にもあるように、この判定は状況がどちらかに傾いている場合に使うものです。シナリオ上、重要でない遭遇戦闘では、GMの判断で省略してもかまいません。
 
Q: 戦闘終了時に死亡していても、経験点がもらえるとありますが、生き返るのですか?
A: これは記述漏れですね。経験点を得て、レベルアップした時には、死亡やBSから回復します。
 
Q: 命運は一つの判定に対して、最大、何個まで使えますか?
A: あるだけ使ってかまいません。
 
Q: 命運を全て使い切ったら、どうなりますか?
A: 何らかの理由で命運の上限が増えない限り、このセッション中はもはや命運を使用できません。セッションが終了したら、すべて回復します。
 
Q: 判定値が120%あったら、マルチ・アクションで95%と25%に分けられますか?
A: いいえ、均等に分けなければいけませんので、60%で2回となります。
 
Q: 判定値が120%の場合、マルチ・アクションで60%の判定2回に分けたら、クリティカル値は12%ですか? それとも6%ですか?
A: 実際に振る値の10分の1ですから、6%です。
 
Q: 手加減をしたいのですが?
A: 『アマラ深界』043ページの追加ルール「手加減」を使用してください。
 
Q: スキル「反撃」は、回避した後でもできますか?
A: 「反撃」は相手が通常攻撃か、物理攻撃型スキルで攻撃していることだけが条件です。回避しているかどうかに関わらず、反撃の可能性の判定に成功すれば、「反撃」できます。
 
Q: 悪魔を倒した経験点やマッカは人数で割るのですか?
A: EXPはそのまま、経験点に加えてください。人数で割る必要はありません。マッカはチームに与えられます。
 
Q: 複数、同じ悪魔が出現したら、ドロップ品はその数だけ出すのですか?
A: いいえ、悪魔1種類につき1個、ドロップ品を出してください。
 
Q: 複数の悪魔が出た場合、スキル「宝探し」の適用できるのは何回ですか?
A: 悪魔の種類ごとに適用できます。
 
Q: 人間が武器を装備している状態で、「ヒートウェーブ」のスキルを使用する場合、武器を装備した格闘威力に、スキル威力を足して計算するのですか? それとも、素手の格闘威力で計算するのですか?
A: 素手の格闘威力で計算してください。
   
Q: 武器系の特技(ヒートウェーブなど)を人間が使った場合、装備の修正は含まれますか?
A: いいえ、含まれません。
   
Q: 物理/魔法 追加ダメージは 複数取得した場合、追加されるダイスは累積しますか?
A: いいえ。「追加物理ダメージ」や「追加魔法ダメージ」を複数回取得することはできません。
「複数回取得可能」と書かれている一部のスキル、「幸運」「蛇の道は蛇」などをのぞき、スキルを複数回取得することはできません。
   
Q: 魔神ヴィシュヌや破壊神シヴァが持つ「全体的に強い」の相性は、すべての攻撃に対して強い(半減)として扱うのですか? それとも、万能属性は半減しないのですか?
A: 万能属性は相性の影響をうけません。そのため、「全体に強い」場合でも、万能属性の攻撃は通常通り、与えられます。
   
Q: FAQでは「バッドステータス攻撃」には即死が含まれるとありますが、「バッドステータス攻撃無効」ならば、ハマ系、ムド系、「地獄への導き」による即死効果を無効に出来ると言う事ですか?
A: はい。
   
Q: 戦闘中にPCが死亡している状態で、そのPCの命運が残っていた場合、他のPCに譲渡・使用(ダメージ半減)することはできるのでしょうか。
A: 可能です。
   
New!
Q: FREEZEあるいはSHOCK状態の相手に物理攻撃をしてその判定がクリティカルだった場合、ダメージは4倍になるのでしょうか。それとも2倍なのでしょうか。
A: FREEZE、SHOCK状態の敵に物理攻撃が命中した場合には、「常に」クリティカルとして扱われます。別にクリティカルの値がある訳ではありません。ですから、ダメージは2倍です。
   
New!
Q: ロキに、たとえば毒かみつきをした場合、POISONの確率は「物理に強い」「BSに強い」で4分の1になるのでしょうか。それとも「とても強い」ではないので2分の1にしかならないのでしょうか?
A: はい。「物理に強い」「BSに強い」でそれぞれ半分になるので、BSの発生確率は4分の1になります。
   
New!
Q: 応援はクリティカルしたら+40%になるのでしょうか?
A: はい、その通りです。


■会話
Q: 会話で悪魔を退去させたら、経験点は得られますか?
A: いいえ。
 
Q: PCの会話パターンは何ですか?
A: 魔人と人間は、「性格」に相当する会話パターンを持たない。「性別」はキャラクターの性別を用いる。「年齢」は基本的に「若者」として扱われるが、プレイヤーが望み、ゲームマスターが認めるならば「子供」または「大人」としても構わない。(ルールブックP065)
詳しくは、そのPCの設定に合わせます。悪魔は、それぞれの基本的な会話パターンを持ちますが、PCがプレイした状況により、GMは変更を許可してもかまいません。
例えば、人間から悪魔顕現で「ジャックフロスト」になった場合、人間の時の口調で話すか、「ジャックフロスト」の会話パターン「ヒーホー/子供」に従うかは、プレイヤーが選択してかまいません。
   
Q: 「ジャイヴトーク」についての質問です。
 スキルの効果説明では「通常会話が不可能な妖獣、幽鬼、外道と会話できる。」とありますが、P.061の「会話できない状況」では「魔王、邪神、凶鳥」に対して「ジャイヴトーク」がないと会話できないとあります。これは、「ジャイヴトーク」があれば、「魔王、邪神、凶鳥」に対して悪魔カードの要求ができると言う事ですか?
A: はい。スキル説明を修正して下さい。
 
Q: 「おねだり」などのマッカやアイテムを要求する会話スキル以外(例えば「スカウト」など)では同様の要求をする事は出来ないのですか?
A: できません。その場合はスカウトではなく、適切なスキルを使うか、通常の会話判定値で運用して下さい。
   
Q: 会話によって「退去」を要求する場合の判定方法はどのように行えばよいのでしょうか?
 通常の悪魔カードの要求のように「交渉成立」となるまで「会話チャート」に従って会話の判定をするのでしょうか?
A: はい、そうです。
 
Q: 会話対象が複数存在する場合に「退去」となったり、交渉が成立すると、対象となった悪魔の同属は一緒に去っていきますか? それとも、会話対象の悪魔だけが去っていくのでしょうか?
A: 会話対象の悪魔だけが去ります。
   
Q: 上記の質問に関係しますが、交渉が成立した場合、その対象悪魔は即時に退去するのでしょうか? (マッカやアイテムの場合には即時退去とありますが、悪魔カードの場合には書かれていません)
A: 退去します。
 
Q: 同族、もしくは異種族による複数の悪魔に対し会話を行った場合、対象以外の悪魔から割り込まれたり、邪魔をされたりする事はありますか?
邪魔をされる場合、その処理の方法は決まっていますか?
A: 現状のルールでは、割り込みや邪魔は発生しません。
 
Q: 悪魔と会話して悪魔カードを要求する場合、パーティ・レベル以上の悪魔から、悪魔カードをもらえるのでしょうか。
A: はい、可能です。


■ルール全般
Q: 貢献ポイントは振り足ししていいですか?
A: いいえ。
 
Q: PC悪魔同士が合体してもいいですか?
A: 基本的に不許可とします。理由はPCが減ってしまうからです。
 
Q: 変化は義務ですか?
A: いいえ、上級の悪魔に変化する義務はありません。
   
Q: 「イケニエ合体」で合体後の悪魔のレベルが通常よりも上昇した場合、スキルの獲得は出来ないとありますが、これには10レベルごとの追加スキルも含まれますか?
A: はい、追加スキルも得られません。
 
Q: イケニエ合体の後、レベルが上昇した場合、獲得するスキルは習得レベルの低い順ですか? それとも、新しいレベルと同じ数値のスキルを習得ですか? それとも、そのレベルまでの間で習得可能なスキルの中から選択ですか?
A: そのレベルまでの間に習得可能なスキルで未習得のものから選択して下さい。
 
Q: 命運を使って、ダメージを半分にするタイミングは、防護点(装備含む)を減算処理してからでしょうか。それとも、半分にしてから防護点を減算処理でしょうか。
A: 後者です。例えば、ダメージが20点で防御点は10点あり、命運1点を使った場合、まず、ダメージ20点が10点に半減され、防御点で打ち消されることとなります。
 
Q: 元々習得しないスキルを追加したり、スキルのパワーアップや変異を行ったりした悪魔は、そのスキル1個ごとに経験点を上乗せするべきですか? また、その場合の上乗せされる経験点は何点でしょうか?
A: これは、BOSS悪魔に準じて+10%ずつ経験点を上乗せして下さい。
 
Q: 本来の"10%ずつ上乗せ"のルールは新しい経験点のルールと置き換えますか?
A: 前述の通り。
   
Q: 敵として出す魔人や人間の経験点の算出方法はどうすれば良いでしょうか?
A: 同じレベルの悪魔に準じて下さい。
 
Q: 『アマラ深界』のFAQで「アナライズ」が「レベル+威力ロール」に変更されましたが、威力ロールと言う事は振り足しが可能と言う事でしょうか?
A: 可能です。
 
Q: 「応援」をマルチ・アクションする事は可能でしょうか?
A: 可能です。
   
Q: 魔人が複数個のマガタマを体内に入れている場合、その内の1つを体内から出す事は可能ですか?
A: できません。
 
Q: 4個目のマガタマを体内に入れた時、体内にあるいずれかのマガタマは破棄されてなくなってしまいますか?
A: いずれか一つが使用不能となります。
 
Q: 邪教の館の「悪魔全書」への登録は、手持ちの悪魔カードしか出来ないのですか? 現在の悪魔PCを登録する事は出来ませんか?
A: まず、最初の質問はYES。持っていない悪魔カードは登録できません。次の質問はNO。「顕現」した状態の悪魔を直接登録することはできない。(基本ルールP071)
   
Q: 悪魔カードの購入はプレイヤーが登録した悪魔のみに限られますか?
A: 基本的にはYESです。ただし、ゲームマスターがシナリオの報酬として、何らかの悪魔カードが入手できるよう便宜を図ることはかまわないでしょう。
 
Q: 魔人がマガタマの切り替えによって運の能力値が増減する場合、命運の処理はどのように行えばよいのでしょうか?
例えば、運2の魔人でマロガレを装着中(運2+1=3、命運5)に命運を5点使い果たしました。この後、イヨマンテに切り替えた場合、運が6になり、命運の最大が6になります。この場合、増加分の1点分命運を使用しても良いのでしょうか?
それとも、命運の計算にはマガタマによる運増加分は計算に入れないで、元々の運の能力値からのみで計算するのでしょうか?
A: 命運はシナリオ単位で管理されます。シナリオ開始時の計算でそのシナリオで使える命運を決定して下さい。
 
Q: 御霊合体により増加した能力値や命運ペナルティは、その後の合体や変化をした場合には失われますか?
A: 細かい能力値の差は合体や変化を超えて継承されません。命運ペナルティは持ち越されません。
 
Q: カムドの相性「物理に強い/BSに弱い」とありますが、これは魔力や精神属性の魔法攻撃によって受けるダメージも倍になるのですか?例えば魔界の調べを食らったら、ダメージ2倍、CLOSE20%として計算するのですか?
A: いいえ、TRPG版での「BSに弱い」は属性に関わり無く、BSの発生確率が2倍になるというもので、ダメージには関係ありません。
そのため、カムドを装着していた場合、ジオを受けた場合、ダメージはそのままですが、SHOCKになる確率は2倍の40%に上昇します。
物理攻撃の「毒ひっかき」を受けた場合、40%の確率でPOISON状態になるところを、「BSに弱い」で80%に上昇しそうに思えるが、「物理に強い」の効果がPOISONにも影響するため、半分になって、結局40%の確率になります。
 
Q: 「BSに強い/弱い」という相性は、精神・神経・魔力に弱いという相性と同じなのですか? それとも違うのでしょうか?
A: 前述の通り、違います。
 
Q: 「BSに強い/弱い」で確率が倍加・半減される中に、破魔・呪殺による即死も含まれるのでしょうか。
A: はい。含まれます。「死亡(DEAD)」も特殊なBSだからです。
 
Q: 相性の「魔法全般に強い」には、バッドステータス攻撃や、破魔・呪殺攻撃に対する耐性も含まれるのですか?
A: 魔法全般とは、「通常魔法スキル」と「魔法型攻撃スキル」を指します。その攻撃が「通常魔法」か「魔法型攻撃」であれば、「魔法全般に強い」の効果で、ダメージが半減され、BS発生の確率が半減されます。前述の通り、即死の可能性も半減します。
その代わり、例え、「魔法全般に強い」であっても、物理型攻撃スキルの結果、生じるBS(破魔・呪殺による即死を含む)の確率には関係ありません。
 
Q: バッド・ステータス・セービングについてですが、P.057の例のように96% 以上になったセービング%は95%として判定しますが、命運を使用して判定値を20%減少した場合、95%から20%下げるのですか? それとも、元値(例の場合、320%)から20%下げるのでしょうか?
A: バッド・ステータス%は5〜95%の範囲になります。これは実際の判定値がいかなる値でも、判定の前にこの範囲に修正され、適用されます。その後、実際のセービングの判定となり、ここで命運を使って判定値を修正できます。
そのため、上の事例では95%から命運1点につき、20%修正して、75%となります。
 
Q: バッド・ステータスからの回復の判定はアクションに数えられますか? それとも、回復判定後にアクションを行う事が可能でしょうか?
A: アクションには含まれません。回復判定に成功したら、そのままアクションを行うことが出来ます。
 
Q: 味方に対し、「アギ」や「ペトラアイ」などのスキルを使用することは可能でしょうか? 目的としては、「火炎吸収」相性の味方に回復魔法代わりに「アギ」を使ったり、CLOSEやPALYZEなどのバッド・ステータスの味方をSTONEにし、戦闘終了時にバッド・ステータスを自動回復させたりと言った使い方です。
A: 「敵1体」と書かれているので、できません。通常魔法や魔法攻撃スキルはあくまでも敵と認識した相手に対する「攻撃」であると考えて下さい。
 
Q: ランクアップ・ダウンについてですが、初期レベルで計算していたコンシューマと違い、TRPG版ではそのときのレベルでレベル計算するようになりました。それはランクアップ・ダウンも、同じですか? 例えば、20レベルまで育てた妖精ジャックフロストをランクダウンすると、ジャックランタンになるのか、ピクシーになるのか、どちらですか?
A: 「同じ種族で、現在のレベルよりも低く、かつ、もっともレベルの高い」ジャックランタンになります。ピクシーにランクダウンしたい場合には、19レベルまでに行ってください。
 
Q: 反撃・猛反撃・デスカウンターは1人のキャラで習得可能でしょうか。可能だった場合、実際の処理はどう行うのでしょうか。
A: 習得できます。しかし、もっとも全てが別々に発生するわけではなく、効果のもっとも高いものを選んでください。
 
Q: 「〜の活泉」について質問です。「一分の活泉」と「二分の活泉」を取得した場合、HP倍率はどうなるのでしょうか? 一分と二分が合計されて9(人間は7)になるのでしょうか? それとも、二分のほうが適用されて8(人間は6)になるのでしょうか?
A: 後者です。悪魔ならば8、人間ならば6になります。
 
Q: 「ヒモロギ」のマガツヒの集積に対しての質問です。マガツヒの量は「経験点の10分の1」との事ですが、例えば、対象がBOSS悪魔の場合は経験点の増加を行った後の数値の10分の1になるのでしょうか? また、レベル差が離れている場合の2倍のルールによって経験点が増加している場合は、増加後の経験点を使用して計算するのでしょうか?
A: 実際に得た経験点の10分の1です。ですから、すべて増加後となります。
 
Q: 魔晶銃の弾薬は、通常弾丸でよいのでしょうか?
A: はい。
 
Q: 「アマラ深界」の格闘武器表に載っている「犬神手甲」の装備威力が23になっているのですが、効果を見ると、攻撃の属性が火炎になっています。ということは、魔晶変化の追加効果として火炎系の 追加効果の「威力+10」が適用されて、装備威力が33になるのではないでしょうか?
A: はい、その通りです。33に訂正します。
 
Q: サブクラス「悪魔使い」の「その1〜6」のスキルがすべて「悪魔召喚」に変更されましたが、これはそれぞれ別々の悪魔と契約でき、最大で8個の契約を結べるということでしょうか?
A: はい、そのとおりです。
 
Q: チャネラーや悪魔使いは、レベルの上がった悪魔と契約できるのでしょうか? 例えば、11レベルで命運6点を持つチャネラーは、17レベルに成長した魔獣イヌガミと契約できますか?
A: いいえ。できません。
 
Q: 悪魔使いが契約している悪魔同士を合体したり、悪魔カードと合体したりすることは可能ですか?
A: 可能です。
 
Q: ルールブックP.236にあるように、NPC悪魔にマガタマを入れることを考えました。その場合、相性はマガタマの相性に上書きされるとしてよいのでしょうか。また、その悪魔の経験点はどのように計算すればよいのでしょうか。 (ルールブックP.235に準じて、マガタマ1つにつき+10%、マガタマから獲得したスキルにつき+10%、のような処理になるのでしょうか?)
A: 相性はマガタマの相性に上書きされます。経験点の計算も、マガタマ装着で+10%、マガタマで得たスキル一つにつき+10%とします。
 
Q: ルールブックのP.237を見ても、ランダム・エンカウンターの判定方法が分かりません。  「煌天で確率が高まる」「リベラマor集魔の笛でランダム・エンカウンター率が2倍になる」等の記述がありますが、そもそものベースとなる「ランダムエンカウントの確率」が分からないので、処理のしようがありません。
A: ランダム・エンカウンターについては、「カグツチ・チャート」に記されているように対応するか、シナリオに応じて、GMが設定してください。  完全に、ランダムなエンカウンターを行いたい場合のガイドラインは以下のオプション・ルールを使ってください。

01: GMは、ランダム・エンカウンターの回数を設定する。
02: 全員が運判定を行い、自動失敗(96以上)、または大失敗(100)が出たら、敵対的な遭遇を発生させる。出したPCが複数ならば、より強力な敵を出す。逆に、クリティカルを出たら、友好的な遭遇を発生させる。
03: リベラマ、もしくは集魔の笛を使用したら、自動的に、1回の遭遇が発生する。
04: 煌天の場合、判定の回数を増やす。または、煌天時には必ず判定をさせる。この場合、会話を試みることはできない。
 
Q: 貢献ポイントは どういう意味があるのでしょうか? あと、貯まると何かあるのですか?
A: 貢献ポイントについてはP.053を参照して下さい。
これは本来、ボルテクス界の勢力争いとコトワリ形成の中でPCの立ち位置を明らかにするためのものです。
 
Q: アマラ深界P.042 ガイドライン4(人間から魔人/悪魔へ)のように、「クラス:人間」から「クラス:魔人」「クラス:悪魔」になる場合の、経験点・レベル処理の方法について、お教えください。
A: まず、人間から魔人の場合、レベルはそのままです。経験点もそのまま継承されるのが本筋ですが、場合により、魔人のそのレベルになるのに最低必要な経験点とずれる場合があります。この場合に限り、経験点はそのレベルの魔人になるのに必要な経験点まで上昇します。 一方、「クラス:人間」から「クラス:悪魔」になる場合は「悪魔顕現」となり、悪魔顕現のルールから、「顕現する悪魔のレベルになる」ため、経験点はルールブックP.044の通り、「ただし、合体、変化、悪魔顕現でレベルが変更された場合、 経験点はそのレベルになった瞬間の経験点にリセットされる」となります。
 
Q: 高いレベルまで成長した悪魔をランクダウンする場合、 「同じ種族で、現在のレベルよりも低く、かつ、もっともレベルの高い」に従うと、同じ悪魔になるのでは?
A: ランクアップ/ダウンは別の悪魔になるためのルールです。ですから、合体結果が同じ悪魔の場合、更に下(ランクアップの場合は上)に移行して下さい。
 
Q: イケニエ合体は「通常の合体を行う悪魔に加え、もう1体イケニエとなる悪魔を選び、合体させる」とあります。
この「通常の合体」とは、
(1)合体((2)〜(5)以外の、2種類の悪魔の合体)
(2)同種族悪魔の合体
(3)ランクアップ/ダウン合体
(4)CURSE合体
(5)ミタマ合体
の全てを指すと考えてよいのでしょうか。
A: (1)〜(4)と考えて下さい。ミタマ合体はイケニエ合体を行わないようにして下さい。


■アイテム
Q: 発掘アイテムが欲しいのですが?
A: 発掘アイテムはGMの判断で制限されています。基本的に、発掘イベントを組み込んだシナリオでしか入手できません。
   
Q: 防具を付けられる場所は、頭部、胴体、脚部だけですか? 腕の防具はないのですか?
A: 基本ルールでは、腕の防具はありませんでしたが、『アマラ深界』で腕部防具が追加されました。
なお、これに伴い、プレートメイルは全身防具に変更されました。


■サブクラス
Q: 人間のサブクラス「チャネラー」の運用に関しての疑問です。
自分の経験値に等しいレベルの悪魔と契約するためには、今まで得た経験値とほぼ同等のマッカが必要になります。(必然的に、今まで戦闘で得たマッカのほぼ全てになります)
この為、「契約変更」の費用が高すぎて契約の変更が行えません。
所持している「悪魔カード」の悪魔と契約できませんか?
A: できません。
   
Q: 人間のサブクラス「悪魔使い」の運用に関しての疑問です。
1レベルで時のスキル「悪魔召喚」は1レベルの悪魔としか契約できない事になりますが、悪魔全書のデータには1レベルの悪魔はウィルオウィスプしか載っていません。
P.038〜039に載っている悪魔と契約しても良いですか?
A: 低レベルで習得する場合、悪魔召喚については、P37の「オプション:低レベル用特例」を適用します。「レベル制限の緩和」を用いて、ピクシー、コダマ、カハク、シキガミのいずれかと契約するか、P.038〜039に載っている初期用悪魔と契約して下さい。
   
Q: 人間のサブクラス「悪魔使い」が複数の悪魔と契約している場合、同一の戦闘中にそれら全てを呼び出せますか?
A: 呼び出すことはできます。注意してほしいのは、1体呼び出すことに命運1点と1アクションを必要とすることです。
   
Q: 「チャネラー」や「悪魔使い」の契約している悪魔は経験値を得る事で成長しますか?
成長する場合、どのような割合で経験値を得ますか?
A: 現在のルールでは成長しないものとしています。
   
Q: 『アマラ深界』P.055のサブクラス紹介に対しての質問です。巫女の説明文の最後に「呪殺もできるようになる。」とありますが、習得スキルには呪殺系のスキルがありません。同様に、自衛隊の説明文の最後に「銃器の購入が簡単になる。」とありますが、それらしいスキルがありません。
A: 双方とも、ディベロップの過程で対応するスキルが削除されました。その部分は訂正漏れです。失礼しました。
   
Q: 「クラス:人間」のキャラクターが、サブクラスを変更することは、ルール上、可能なのでしょうか。その場合、サブクラス変更後のスキルの習得をどのように行うのか、お教え下ください。
A: いいえ、『真女神転生Nocturne TRPG〜東京受胎〜』では、サブクラスの変更はできません。
   
Q: 「クラス:魔人」のキャラクター(PC・NPC)が、悪魔顕現で悪魔になることはできるのでしょうか。
A: いいえ、できません。


■BOSS関係
Q: 基本ルールやサプリメントを見ると、すべてのBOSS悪魔のデータにはスキル欄が8個ではなく10個あり、一部のBOSS悪魔はスキルを9個以上習得しています。これは、BOSS悪魔は8個ではなく、10個までスキルを習得できるということでしょうか?
A: はい。一部のBOSS悪魔には、原作より10個のスキルを持つものがおり、BOSSのみ10個のスキル欄を用意してありますが、BOSSはスキルの数を制限されません。
   
Q: BOSS悪魔専用スキルの「獣の眼光」や「龍の眼光」、BOSS特性の「アイテム使用」や「デカジャ」や「デクンダ」はスキル欄を必要としますか?
A: アイテムを使えるのはBOSS悪魔の特性です。「獣の眼光」、「龍の眼光」、「デカジャ」、「デクンダ」はスキルです。スキル欄に書き込んでください。ただし、前述のFAQのとおり、BOSSはスキルの数に制限がありません。


■その他
Q: シナリオで全滅しました。
A: えー、頑張ってください。
というのもなんですね。シーン8の追加BOSSが非常に強いので、『Role&Roll Vol.7』(新紀元社)掲載のジャンプ・スタート・キット「シンジュク衛生病院」と同じく、シーン7までで1シナリオ扱いとし、いったん、経験点を交付してHP/MP/命運を回復した後、シーン8をBOSS戦のみのシナリオとしてプレイするとよいでしょう。
   
Q: 「ファイアブレス」のコストがHPなのは、誤植ですか?
A: いいえ。ブレス系のスキルは、魔獣など体力型のキャラクターで使用されており、魔法攻撃型のままだと、非常に使いにくく、また他のスキルと差別化しにくいため、物理攻撃型スキルとなりました。
   
Q: 「ファイアブレス」は、「会心」や「追加物理ダメージ」の効果を受けますか?
A: はい。「ファイアブレス」は物理攻撃スキルですから、「会心」でクリティカルの確率が上がり、「追加物理ダメージ」で威力ロールのダイスが増加します。
   
Q: P028〜029の自衛官と雑誌記者が1レベルと10レベルでの追加スキルを修得していないのはなぜでしょうか?
A: 作成上のミスです。正誤表の訂正を適用してください。
   
Q: パニックボイスの継承パターンが悪魔一覧には書いてないが、ゲーム版とは違い、誰でも継承できる万能継承になったのか?(ゲーム版では継承パターン「口」でした)
A: 処理上のミスです。継承パターン「口」としてください。
   
Q: P139の天使ヴァーチャーはイラストでは羽(翼)があるが、ゲーム版では継承パターン「羽」の「はばたき」を修得する事はできませんでした。TRPG版では修得可能なのでしょうか?
A: TRPG版では情報量軽減のため、継承パターン「羽」は省略されました。イラストに準じて、判断してかまいません。イラスト上、羽根を持つ悪魔であれば、取得してかまいません。
   
Q: 成長させた悪魔の経験点はどう変化するのでしょうか? 同レベルの悪魔でも、それぞれ経験点がバラバラなので参考にする事ができません。
A: 初期状態から成長していた場合、その悪魔を倒した経験点に成長したレベル×2点を加算してください。
   
Q: BOSS悪魔の基本原則がP106にありますが、「経験点やマッカの増加」を加えないという選択もありなのでしょうか?
A: 「経験点やマッカの増加」は必ず、行ってください。